【投資大学生が教える】ウェルスナビの個別銘柄IYRを解説!

WealthNavi 不動産 ( IYR ってどうなんだ?

少し説明していきましょう!


WealthNavi で投資を始めたいけど銘柄選びが不安だと思う人、ウェルスナビのポートフォリオを参考にして自分でポートフォリオを作りたい人にオススメの記事です!

WealthNaviについて32秒で解説(音なし)

↑スマホアプリに飛びます

WealthNaviの保有銘柄

略称    連動指標     資産割合
 VTI米国株33%
VEA日欧株33%
VWO新興国株14%
AGG米国債券5%
GLD8%
IYR不動産5%
現金


WealthNavi はこのように複数に資産を分けることでリスクを分散化しています

今回は、不動産である IYR について深堀していきましょう

不動産(IYR)とは

IYRは、iシェアーズ米国不動産ETFは米国籍のETF(上場投資信託)のことで、

ダウ・ジョーンズ米国不動 産指数に連動する投資成果を目指す。

対象指数とほぼ同じ比率で米国不動産株に投資する。

引用: https://www.bloomberg.co.jp/quote/IYR:US

【投資大学生が教える】ウェルスナビのETFとは?

IYR の投資信託上位10銘柄

すべての銘柄が知りたい方はこちらのサイトからご覧ください

EWGのセクター別(業界別)の割合


アメリカン・タワー など、 通信や放送など公共の不動産に対しての割合が多く人口が増えれば市場の拡大していくような形だなと思います

IYRのチャート10年

引用:https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239520/?referrer=tickerSearch#chartDialog

10年前から比べると4倍以上に上昇していますね

不動産 ( IYR)のまとめ

今回は、 WealthNavi のポートフォリオの中で 不動産 (IYR)について見てきました

不動産 (IYR) は、ポートフォリオの5%を占めています

特に米国の銘柄が多く米国の景気に左右されますが、

この様にして、WealthNavi は色んなものにリスクを分散することで安定して運用を行うことが出来ます


しかし、リスクを分散しすぎると色んな事を考えながら資産運用しなければなりません


しかし、ロボアドバイザーなら自分に合ったポートフォリオを自動で作ってくれます


また様々な情報を取り入れてリバランス(ポートフォリオの組みなおし)を行うので時間がない人にも安心です


ロボアドバイザーは長期での運用になりますが、40年後50年後が今から楽しみですね

関連記事5選!

スポンサードサーチ





【損失含め実績全公開】THEOのレビュー大学生初めての投資!